ERPについて

Enterprise Resource Planning(基幹業務統合システム)

企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のことです。これを実現するための統合型(業務横断型)ソフトウェア(基幹業務統合システム)を「ERPパッケージ」と呼びます。ERPが一般的に扱うものは企業における製造・物流・販売・調達・人事・財務会計です。ERPパッケージはこれらの基幹業務に関する業務活動の情報管理を支援します。ERPソフトウェアとしては、1972年に創業したドイツSAP社のSAP R/3やSAP S/4HANAを始め、オラクル社のE-Business Suite, PeopleSoftなどの大手企業向けERPソフトウェアが市場を席巻しており、SAP R/3およびSAP ERP、SAP S/4HANAなどを有するSAP社が過半数のシェアを握っています。


SAPについて

ERP(基幹業務統合システム)の世界No.1グローバル企業

ドイツ中南部にあるヴェルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社のことです。SAPは主にビジネス向けソフトウェアの開発を手掛ける大手ソフトウェア企業であり、売上高ではマイクロソフト、オラクル、IBMに続いて世界第4位となっています。特に大企業向けエンタープライズソフトウェア市場においては圧倒的なシェアを保持しており、企業の基幹システムであるERPの分野においては世界第1位です。

デザインシンキングで革新を起こすグローバル企業

SAPにおけるデザインシンキング適用の歴史をご紹介します。SAPグループ内の課題発見・解決や製品開発への適用にとどまらず、お客様のビジネスにおいても本手法をご活用いただけるようご提案しています。


SAPはスポーツ産業にもソリューションを提供

SAP Sports One

競争相手を出し抜き、勝敗を左右する意思決定をシンプル化

選手のパフォーマンスを最大限に高め、人材管理コストを有効に使いましょう。SAP Sports Oneソリューションなら可能です。革新的テクノロジーを駆使して、優れた選手を見極め、獲得し、育成・維持していきましょう。この環境では、勝つための戦略を立てるのに必要な洞察を獲得し、試合状況をすばやく評価して、戦略を適宜調整することができます。チャンピオンシップレベルの選手のパフォーマンスという究極の目標を実現するべく、チーム運営全体の効率を推進しましょう。

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」から引用